事業計画 | 公益社団法人 姶良伊佐法人会

鹿児島県にある 公益社団法人 姶良伊佐法人会 はよき経営者をめざす団体として活動しています。

spacer.gif
公益社団法人 姶良伊佐法人会

  事業計画

tate-line.gif令和2年度事業報告

目指してきた活動

令和2年度は公益法人に移行して8年目でした。世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症により、やむを得ず中止または縮小した事業等が多くありました。
そのような状況にあって感染状況をみながらの対応となったが、法人会の新たな理念の下、税に関する研修会等を通じて、納税意識の高揚と税知識の普及啓蒙を図ってきました。
また、研修活動、情報提供を通じて、企業の健全な発展を支援すると同時に社会貢献活動を通じて地域社会の振興に貢献しました。

公益事業の基盤を支える会員の増強、財源の確保及び会員サービスの向上については、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、加入観奨が難しい状況にあったこと等により、会全体として組織並びに財政基盤の強化を図ることが難しい年でありました。

事業実績
1.公益目的事業の推進
  1. 税知識の普及事業として、令和2年度は研修科目・研修時間を縮小して、第9回「税金セミナー」を開催しました。
    講師に税理士を迎えて、税法3科目をそれぞれ1時間30分ずつ9回行いました。今年度も霧島市・姶良市・伊佐市の3ヶ所で開催しました。一般参加も含め 110名の方が参加しました。また、「年末調整説明セミナー(オンラインセミナー)」を開催し、一般参加を含め20名の方が参加しました。
  2. 納税意識高揚事業として、小学校5・6年生を対象に、第11回「税に関する絵はがきコンクール」を女性部会が実施し、これまでで最も多い1,427件の応募がありました。
    また、租税教育推進協議会の委託を受けて、租税教室を実施しました。青年部会が小学校1校、高等学校1校で租税教室を実施しました。
    例年実施している霧島市及び姶良市の2ヵ所のお祭り会場での「税金クイズ」については、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止しました。
  3. 広報事業では、広報誌「ひまわり」を12月に発行しました。この中で、税に関する広報も行いました。
  4. 税制提言事業では、各支部長や税制委員が市長等に対して、「税制改正に関する提言書」を提出しました。
  5. 経営支援事業では、「インターネットオンデマンド研修」を年間通して行いました。徐々に受講者が増加しています。
    また、講師に健康経営アドバイザーを迎えて、「健康経営説明会」を実施し、25名の参加がありました。
    新設法人の説明会については、新型コロナウイルス感染拡大の影響により実施せず、新設法人114社へ研修テキストを送付しました。商工会等との共催による講演会についても、新型コロナウイルス感染拡大の影響により行いませんでした。
  6. 社会貢献事業では、女性部会による「愛の手作り雑巾」が 17回目を迎えました。今年度も、養護学校や小中学校8校に550枚を贈呈しました。
    また、女性部会員6名が伊佐市商工会女性部と合同で、忠元公園の奉仕作業(清掃)を行いました。
    なお、昨年に続き、女性部会の霧島市観光協会主催の「第25回 龍馬ハネムーンウォーク in 霧島」の隼人天降川コースでの参加者への「おもてなし」については、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止になりました。
    青年部会において、令和2年7月の集中豪雨で被災された人吉地区の方々を支援するため、「がんばれ人吉!チャリティゴルフコンペ」を開催し、集まった募金35,000円を義援金として被災地に寄贈しました。 なお、婚活イベントについては、昨年に続き、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止しました。
2.会員増強事業

今年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、加入勧奨が難しい状況にあり、理事・組織委員会を中心に会員増強に努めて参りましたが、昨年に引き続き31件の減少となりました。来年度は、増員に努めます。

3.青年部会・女性部会による事業
  1. 青年部会
    納税意識高揚活動として、小学校1校の6年生を対象に「租税教室」を実施しました。また、高等学校1校においても「租税教室」を実施しました。
    社会貢献活動として、「がんばれ人吉!チャリティゴルフコンペ」を開催し、集まった募金35,000円を義援金としても和2年7月の集中豪雨の被災地に寄贈しました。
    なお、婚活イベントについては、昨年に続き、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止しました。
  2. 女性部会
    納税意識高揚活動として、小学校5・6年生を対象に第11回「税の絵はがきコンクール」を実施しました。
    社会貢献活動として、今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、会員各自において「愛の手作り雑巾」を作成しました。550枚を養護学校や小中学校に贈呈しました。
    また、伊佐市商工会女性部と合同で、忠元公園の奉仕作業(清掃)を行いました。 なお、霧島市観光協会主催の「第25回 龍馬ハネムーンウォーク in 霧島」の参加者への「おもてなし」は、昨年に続き、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止になりました。 今年の研修旅行は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止しました。

tate-line.gif令和3年度事業計画

Ⅰ 活動理念

平成27年に新たに決定された理念に則り、税のオピニオンリーダーとして企業の発展を支援し、地域の振興に寄与し、国と社会の繁栄に貢献することをめざした活動を行う。

Ⅱ 基本方針

本年度は、公益法人移行9年目にあたり、法人会の原点である「税」に関する公益目的事業活動に軸足を置きながら、社会貢献活動や地域企業の健全な発展を支援する事業も積極的に実施する。
また、各支部・青年部会・女子部会と連絡強調して内容の充実した効果的な活動を行う。財政内容を充実するため、会員の増強に取り組む。 なお、新型コロナウイルス感染症の収束が不透明な中、本年度においてもコロナ禍における運営に充分留意しながら、会の運営にあたることとする。

1.税に関する公益目的事業の実施

活動の中心である税知識の普及や納税意識の高揚を目的とした租税教育活動をさらに充実する。特に、租税教室・税金クイズ・税の絵はがきコンクールなどの税の啓発活動を充実させる。
また、税の広報活動やe-Tax推進を行うとともに、消費税のインボイス制度に関する説明や消費税完納に向けた取り組みを行う。

2.地域の経済社会環境の整備改善を目的とした活動の実施

地域企業が発展するため、著名人による講演会、税務・労務・経営等に関するさまざまな研修会を開催するとともに、各種情報の提供や、企業の情報交換の機会を提供し、財政健全化のための健康経営を含めた企業発展の支援を行う。
また、地域社会へ貢献するため、地域イベントの参加支援や手作り雑巾の贈呈などこれまで実施した事業を継続するとともに、新しい社会貢献事業にも積極的に取り組む。

3.組織運営と財政基盤の強化

法人会活動の円滑な運営を実施するため、支部・青年部会・女性部会と連絡協調して、さらなる本会運営の活性化を目指す。また、会員の増強と、福利厚生制度への加入促進を図る。

Ⅲ 主要事業計画
1.税知識の普及を目的とする事業
(1)税務研修会(税金・年金セミナー)
    目的  税金・年金の仕組みを理解するため、税法・年金の研修会を行う。講師には、税務署の職員・税理士・社会保険労務士等の専門家
        にお願いする。
    対象  企業経営者及びその補助者等(会員・一般)
(2)簿記・記帳講座
    目的  簿記の基本原理、仕訳処理等基礎的な知識を習得する。
    対象  経理担当者等(会員・一般)
(3)源泉取得税の研修会
    目的  給与所得等の源泉徴収事務及び年末調整の仕組みを理解する。
    対象  経理担当者等(会員・一般)
(4)消費税のインボイス制度の研修会
    目的  本年10月からの適格請求書発行事業者登録申請書の受付開始に備えて、消費税のインボイス制度の仕組みを理解する。
    対象  企業経営者及びその補助者等(会員・一般)

2.納税意識の高揚を目的とする事業
(1)税金クイズ
    目的  地域のお祭り会場において、税金クイズを行い、税の意義及びその使い道について関心を持ってもらう。
    対象  小学生・中学生・高校生・一般
(2)租税教室
    目的  税の意義・仕組み・使い道等について関心を持ってもらう。
    対象  小学5・6年生 中学生 高校生
(3)税に対する絵はがきコンクール
    目的  税に関する絵をはがきに描いて応募してもらい、税の使い道等について関心を持ってもらう。
    対象  小学5・6年生
(4)e-Tax推進活動
    目的  国が推進する電子申告納税システム(e-Tax)の利用を広く法人及び個人に呼びかける。
    対象  法人・個人(一般)
(5)税の広報活動
    目的  消費税の期限内納付及びe-Taxの利用推進等の広報を行う。
    対象  一般

3.税制及び税務に関する調査研究並びに提言に関する事業
(1)税制に関する要望活動
    目的  中小企業の税制に関する意見を取りまとめて全法連に上申する。全法連が作成した要望書を当法人会でも市町長等に提言する。
    対象  意見聴取先  企業経営者
        要望先  地元出身国会議員 各市町長及び議長

4.地域企業の健全な発展に資する事業
(1)講演会及び各種セミナー
    目的  企業経営の一助となるように、地域経済、人材育成、能力開発、リスクマネジメント等について行う。講師には著名人の外、
       専門家をお願いする。
    対象  会員・一般
(2)新設法人説明会
    目的  会社経営に関する税金、保険、労務に関する説明を行う。講師には行政の担当者及び専門家にお願いする。
    対象  新設法人(一般)
(3)インターネットセミナー
    目的  インターネットと使って各種セミナーを受講し、企業経営に役立てる。
    対象  会員・一般

5.地域社会への貢献を目的とする事業
(1)愛の手作り雑巾の贈呈
    目的  会員手作りの雑巾を贈呈する。
    対象  養護学校・小学校・中学校(一般)
(2)養護施設の慰問
    目的  会員が地域の養護施設を訪問する。
    対象  一般
(3)清掃活動
    目的  会員が地域の清掃活動を行う。
    対象  一般
(4)緑化活動
    目的  会員が公共の施設等に植樹や花の植栽を行う。
    対象  一般
(5)地域イベントの支援
    目的  地域で行われる夏まつりなどのイベントの支援を行う。
    対象  会員・一般
(6)婚活イベント
    目的  独身の男女を対象に結婚支援イベントを実施し、出会いの場を提供する。
    対象  会員・一般
(7)いちごプロジェクト
    目的  15%の節電を呼びかける。
    対象  会員・一般

6.会員の交流に資するための事業
(1)会員交流会
    目的  法人会活動が円滑に進むよう、支部・青年部会・女性部会において会員の交流会を開催する。
    対象  会員
(2)各種大会への参加
    目的  全国、南九州、県連の大会に参加し、各地の法人会の会員と意見交換を行い、今後の法人会活動の運営に活用する。
    対象  会員

7.会員の福利厚生等に資する事業
(1)企業や従業員を守るための各種保険の推進
    目的  もしもの時の企業防衛「経営者大型保障制度」や労働災害、自然災害に備える保障プラン、個人のためのがん医療保険等の
       推進を図り、会員企業を守る。
    対象  会員
(2)各種福利事業の推進
    目的  提携機関と連携し、会員メリットのある各種制度の周知を行う。広報誌による企業広告やクーポン券の掲載を行う。
    対象  会員

8.その他、本会の目的を達成するために必要な事業
(1)新規会員の加入促進
    目的  当会の活性化と組織強化を目的に、新規会員の拡大を行い、公益事業を支える会員間の仲間づくりや事業参加の増加に繋げる。
    対象  会員
(2)支部・青年部会・女性部会の充実
    目的  同じ地域での企業のつながりや、青年または女性経営者が共に活動することで、会活動の活性化・地域社会への貢献活動に
       繋げる。
    対象  会員